ニキビはこうやって痕を残す

ニキビ跡ができる理由

ニキビはこうやって痕を残す

ニキビができたとしても、痕はなるべく残ってほしくないものです。 できるだけ早く治してしまうことでそれを防ぐことができますが、第一にやった方が良いのは新陳代謝を促すことです。

さて、ニキビが痕を残すまでをお話します。 毛穴はとても小さな穴ですが、肌の新陳代謝が悪くなると毛穴の角質が厚くなってしまいます。 新陳代謝が活発な肌はそのようなことは起こりにくいと言えます。

毛穴の角質が厚くなると毛穴が塞がれてしまいます。 その中にある皮脂腺が大きくなるのが思春期ニキビができる頃です。 皮脂腺が大きくなると分泌量が増え、詰まった毛穴でアクネ菌が増殖します。 毛穴が詰まり酸素が少なくなった状態が、アクネ菌にとって居心地の良い環境だからです。

毛穴に詰まった皮脂はコメドとなりますが、オープンコメドの場合炎症することはめったにありません。 毛穴は開いた状態となっているからです。黒ニキビと言われるのがオープンコメドなのです。

炎症をおこすのが白コメドと呼ばれており、アクネ菌が増殖したあと、白血球の一種である好中球が攻撃をします。 戦いが起こっているというわけですが、その時に炎症を起こします。 戦いがひどくなればなるほど毛穴壁を破壊していきます。 その時に膿を持ちますので、腫れ、痛みを伴うのです。

出てしまう膿はアクネ菌と好中球の死骸と呼ばれるものです。 炎症を起こしている状態を赤ニキビ(皮膚表面が赤くなります)、アクネ菌と好中球と戦っている状態を炎症ニキビ(炎症を起こしています)、毛穴周辺が腫れて硬くなっている状態を硬結ニキビ(皮膚が硬くなります)といいます。

痕を残してしまうのはここまでひどくなったニキビとなりますが、毛穴壁が破壊されれば凹凸の痕を残し、色素沈着は炎症を起こした証拠として残ります。 オデキでもしばらくは色素沈着として残りますよね? それが顔に残るのですから、早めに治したほうが良いのです。

新陳代謝が活発な思春期だとしても、毛穴の中にある皮脂腺が大きくなることと、皮脂分泌量が多くなるため、ニキビは多かれ少なかれ経験します。