病院ではどんなニキビ治療をするの?

病院でのニキビ治療について

病院ではどんなニキビ治療をするの?

軽いニキビならご自宅でケアすることが可能です。 でもたくさんできるようになったり、なかなか治らないという場合、痕をできるだけすくなくするために専門医に相談するほうが良いでしょう。

皮膚科でのニキビ治療はその方の症状によってですが、内服薬やローション、抗炎症クリームを処方するのが一般的です。 化膿している場合だと抗生剤を用いることもありますが、それは一時使用となります。

今は美容皮膚科の登場もあり、健康保険外の治療を選択することもできるようになりました。 比較的軽い程度なら健康保険を使って治すことも可能です。治療期間は症状と体質に合わせて行われます。

遺伝的要素が高い方の場合、治してもまたできてしまうこともあります。 そのような方の場合10年位通うようです。 もちろん、症状に応じてですので出ない時には通わない、出るときだけ通院するという方もいらっしゃいます。

処方薬では抗生剤の他にビタミン剤、ホルモン剤、漢方薬などがあります。 痕ができてしまった方にはトレチノインやビタミンC誘導体、ビタミンA、ハイドロキノンといったものがあります。

治療として用いている施術にはフォトフェイシャルやケミカルピーリング、レーザー、皮脂腺の除去などもあります。 これらはニキビ痕が残って悩んでいる方に施されるようですが、保険適用外となることも多いため、カウンセリングは絶対に必要となります。

自己判断でコメドを押し出す方もいますが、それは肌を傷つけてしまうもの。 美容皮膚科ではコメドを安全に取り除くことも行っているようです。 施術メニューを見ているとエステサロンでもできそうな気がしますが、あくまでもあちらはエステのプロ。 美容皮膚科は皮膚の専門医ですので、安易に選ばないことです。

あなたの肌状態をしっかりと分かってくれ、適切なアドバイスが出来、あなたに合う治療法を見出してくれる専門医を探すようにしましょう。 顔はいつでも誰かに見られている部分ですので、専門医選びは重要と言えます。